業者トラブルを防ぐためのポイント
オークション代行で中古車売却ならオートロマンへ

中古車オークションの落とし穴、トラブルに巻き込まれないために

中古車オークション代行で車を売却する際に重要なのが業者選びです。インターネットで「中古車 オークション代行」と検索すれば全国各地の代行業者を探すことができますが、中には手数料以外にも費用を請求したり、説明不足だったりする業者もいるようです。そういった不誠実な業者を見分けるポイントをオートロマンがご紹介します。

中古車オークションの場合、買い手がついてはじめてお客様に車の売却額が支払われます。だからこそ、信頼できる業者選ぶことが大切。中古車オークション代行業者「オートロマン」が業者を選ぶ際のチェックポイントをご紹介します。

CHECK POINT1 手数料が安すぎませんか?

「手数料の安さ」を売りにしている業者は要注意です。しっかりとノウハウがあり、豊富な売却実績があり、企業努力によって安さを実現しているのであればユーザーにとっては嬉しいこと。中にはサービスレベルの低い業者もいるようです。手数料を安くすることでお得なように見せかけ、実際は書類作成や手続きのたびに料金が発生するというケースがあるので要注意。依頼前に必ず代行費用や諸経費の内容を確認しましょう。

CHECK POINT2 オークション代行での売却経験は豊富ですか?

中古車オークション代行は、買い手がついた時点でお客様に売却額が支払われる「成功報酬型」のサービスです。そして、「確実」かつ「より高い金額」で車を売却するには、「どのオークション会場なら高く売れるのか」「いつ出品すればよいのか」といったノウハウ・経験がものをいう世界。だからこそ、経験豊富で信用できる業者を選ぶ必要があります。中には「多くのオークション会場について知っている」「今が売るチャンスです」といった曖昧な表現をする業者もいますので、具体的な説明を求めましょう。

CHECK POINT3 丁寧に出品票を記入していますか?

中古車オークションに出品する際の「自動車の顔」ともいえる、車の詳細情報が記載されるオークション出品票も見分けるポイントです。お客様に出品票の記入を任せてしまうような業者は、よい業者とはいえません。出品票にはボディカラーひとつをとってもカラーナンバーを記入する必要があったり、色を塗り替えた車両なら「色替」と記載したりといった独自の決まりがあります。当社では、出品票作成後にお客様に確認をしていただいてからオークションに出品しています。

PICK UP出品票のチェックポイント
出品票のチェックポイント

出品票にはその車に関する「セールスポイント」を記載する項目があります。この部分には、例えば「スマートキー」「ヘッドライト」「サンルーフ」の有無や、「整備記録あり」など、その車を売却する上での価値となる箇所を記述していきます。売却の価値をはかるうえでも重要な情報のため、こういった項目もしっかりと目を通しておきましょう。

CHECK POINT4 相場や予想売却額を提示してくれましたか?

「オークション相場が変動する」という部分を強調する業者は要注意。たしかに中古車オークションの相場は日々変動しますが、「車種」「走行距離」「ボディカラー」などの情報から、ある程度は落札金額を予測することができます。お客様のことを考えている業者なら、しっかりと予想売却額を提示し、「どのような車種が高く売れるか」「いつ売ればいいか」といったアドバイスをしてくれるはずです。

自動車オークション代行10年、取り扱い3,000台以上の実績
当社では、ご依頼いただいたお客様に中古車オークション代行のメリット・デメリットを丁寧にご説明し、中古車オークション相場から予想売却額や最低・最高売却予想額を提示しています。当社が全国の皆様から選ばれる理由については、以下をご覧ください。
元メーカーエンジニアが確実・安心な売却をサポート「オートロマンが皆様から選ばれる理由」はこちら
オークション代行売却のご相談・ご依頼はこちら

トップへ戻る