車を売るときの注意点・必要書類

愛車を中古車オークションで売却する際のポイント

中古車オークション代行業者「オートロマン」が、愛車を売却するときの注意点必要書類についてご説明します。ご相談・見積もりは無料ですので、不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

車を売却する際の注意点

ローンが残っている場合は所有権解除をする必要があります
車を売却する際の注意点

車を購入するときにローンを利用した方もいらっしゃると思います。車を売却するときにローン残債がある場合、まず車検証の「所有者」欄をご確認ください。名義が誰になっているかで、売却の方法が変わってきます。

- 所有者による売却方法の違い
自分または家族の名義になっている場合 ローン会社・自動車販売店などの
名義になっている場合
車検証の所有者が自分または家族になっていた場合は、車の所有権も自分または家族にあるので、ローンを支払っている最中でも自由に車を売却することができます。車を売却しても、ローン残債の支払い義務は発生します。 車検証の所有者がローン会社や自動車販売店、クレジット会社になっている場合は、ご自身に所有権がないので自由に車を売却できません。そのような場合は、「所有権解除」を行い、ご自身に車の所有権がある状態にする必要があります。
- 所有権解除の方法
  • 1.ローンを完済する
  • 2.車を売却してローンを完済する
  • 3.別のローン会社に変更する

所有権解除を行うには、ローンを完済する必要があります。ただし、売却額がローン残債よりも多く、売却額でローン完済ができる場合は車を売却することができます。この場合は、売却額からローン金額を差し引いた金額がお手元に残ります。

売却額がローン残債よりも少ない場合は、別のローンを組んで現在のローンを完済し、所有権をご自身に変更することで売却できるようになります。当社では、ローン会社の変更手続きなども承っていますので、お困りの場合はご相談ください。

不人気車種・特殊な車は価格変動が大きくなります
不人気車種・特殊な車は価格変動が大きくなります

中古車販売店の場合は、不人気車種、過走行車、修復履歴のある車、輸入車、改造車、希少車などは、ニーズが少ないので買取や下取りで値段がつかない、もしくは買取を拒否されることも珍しくありません。これは中古車オークションでも同様で、価格変動が大きく、売れ残ってしまうケースもあります。ただし、オークションの場合はスタートの値段を下げたり、再出品を行ったりすることで、中古車販売店に比べて売却しやすくなっています。

手数料以外に陸送費が発生します
手数料以外に陸送費が発生します

中古車オークション代行を利用する場合、出品手数料のほか、車をオークション会場まで運ぶ陸送費用が別途必要になります。陸送費用は、お客様のお住まいとオークション会場によって変わります。当社の場合ですが、たとえば名古屋にお住まいの方が東京の中古車オークションに出品する場合、条件にもよりますが1万円ほど陸送費用として別途いただいています。詳しくはお問い合わせください。

陸送費や諸経費について詳しく知りたい方は

車を売る際に必要な書類について

車を売却する際には、以下のような書類を用意していただく必要があります。すぐに愛車を売却したい方は、これらの書類を早めに準備しておきましょう。

普通自動車売却時に必要な書類など
自動車車検証 「所有者」欄の氏名・住所が正しいか確認しておきましょう。「所有者」がローン会社・自動車販売店・クレジット会社になっている場合は、所有権解除の手続きを行う必要があります。
実印・印鑑登録証明書 車の名義変更や譲渡証明書の作成などで必要です。印鑑登録証明書2通をご用意ください。
自賠責保険証明書 紛失してしまった場合は、保険会社や車検を受けた整備工場などで再交付を依頼してください。なお、車検が切れている場合は不要です。
自動車納税証明書 自動車税を納税していない場合は、必ず納付してから送付ください。紛失した場合は、税務所で再発行が可能です。
リサイクル券 車の購入時・車検時にリサイクル料金を支払い済みの方のみ必要です。
振込口座 売却金額を振り込むための講座情報をお伝えください。
住所変更や結婚による姓の変更があった場合に必要な書類
住民票 自動車車検証と印鑑登録証明書の住所が違う場合は、正しい住所が記載された住民票をご用意ください。
戸籍謄本 結婚などで姓が変わった場合は、戸籍謄本をご用意ください。
オークション代行での売却をご検討中の方は「中古車売却の流れ」をご覧ください
オークション代行売却のご相談・ご依頼はこちら

トップへ戻る